その他

平成30年7月豪雨

2018年7月11日読売新聞 この度の平成30年7月豪雨により、被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 今回の豪雨は、西日本を中心に各地で大きな被害をもたらしていますが、当社の社員及び各事業所は無事を確認出来ました。しかしながら、お取引先や当社社員の実家の中には、被災された所もあり、不自由な状況で暑い夏を迎えられています。
 現在、道路や鉄道などの交通・物流網をはじめ、各地で復旧作業が行われておりますが、まだまだ時間を要するものと思われます。当社においても、商品の入出荷や配送業務に影響が出ており、お客様にはご迷惑をおかけしていますが、なにとぞ、ご理解のほどお願い申し上げます。
 被災地の1日も早い復旧・復興をお祈りすると共に、当社も微力ながらお役に立てるよう、社員一同で努めたいと思います。

     その他

サッカー日本代表 決勝トーナメント進出!

2018年6月29日日経新聞 第21回目となるFIFAワールドカップが、6月14日から7月15日にかけて、ロシアで開催されています。 連日、熱戦が繰り広げられる中、昨夜、日本はポーランドとの予選最終戦に臨みました。引き分け以上で自力突破という状況の中、結果は0-1で敗れましたが、予選3試合のフェアプレーの差(イエローカードの少なさ)でセネガルを上回ってグループ2位に滑り込み、決勝トーナメント進出を果たしました。
 テレビ観戦していて驚いたのは、自力で同点に追いつこうとせず、0-1のまま試合に負ける選択を西野監督がした事でした。他会場ではコロンビアがセネガルを1-0でリードしていましたが、もし同点になれば日本は予選敗退となるため、最後の15分はチャンネルを変えて、そちらの試合の行方を見守りました。
 予選敗退した場合に、西野監督は批判を一身に受ける覚悟だったと思いますが、選手は後悔しないのか、現地の観客は不満ではないのか、色々な思いが交錯し、結果が出るまでハラハラしました。あらゆる状況を考慮した上でのギリギリの決断に対して、既に世界中で賛否両論が渦巻いているようです。
 もし私が監督なら(なれる訳がありませんが…)どうするか?を突き付けられているようで、深く印象に残る試合となりました。世界ランク1位のドイツでさえ予選敗退した中、日本は決勝トーナメントで世界ランク3位のベルギーと戦える事になったので、楽しみにしたいと思います。
(当初、日本の3連敗を予想していたのでW杯ネタはアップしない予定でした・・・すいませんm(__)m)

     会社情報など

備品栃木オープン!

 備品事業部の関東エリアにおける5拠点目として、今月より宇都宮市に備品栃木がオープンしました。備品栃木
 関東では備品千葉以来7年ぶりの出店となり、営業エリアは栃木県全域と、茨城県北・中部を予定しています。
 今までは福島・埼玉・東京の3拠点から営業活動を行ってきたエリアですが、より地域に密着してお客様のお役に立てるように、との思いから出店の運びとなりました。
 各拠点で経験を積んだスタッフと栃木県で採用する新入社員が、お客様により良い商品・サービスを提供出来るよう、明るく元気に頑張ってまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
宇都宮駅東口駅前広場 おまけですが、ギョーザ消費量全国1位の宇都宮市という事で、市内の至る所にギョーザのお店がありました。鉄板餃子
 宇都宮駅東口の駅前イベント広場にも、ギョーザ店が数軒立ち並んでいます。
居酒屋で食べた餃子も美味しかったです。
翌朝、西口でこんな銅像を見かけました。
「餃子像」と書いてあります・・・
なんだか凄いものを見てしまったようなビミョーな気分で、宇都宮をあとにしました。
餃子像