会社情報など

パワーイレⅢ

パワーイレⅢ 9月1日は「防災の日」です。
 今年は6月に大阪で大きな地震があり、7月には西日本の広い地域で豪雨災害がありました。
 当社の本社内には、災害時の非常電源を確保するために、エリーパワー社の蓄電池「パワーイレⅢ」を今年から導入しています。社内全ての電源をまかなうのは難しいため、基幹システムの電源確保を主な用途と考えています。
カンパン また、災害時の帰宅困難者用として、非常食や飲料水、防寒・保温シートを数年前から全事業所に備蓄しています。実際に使用する事がない方がいいのですが、もしもの時の備えとしています。今年の春には、賞味期限切れ間近のカンパンを配布されたので、おやつ代わりに職場や自宅で食べていました。個人的にも災害時を想定して、地域のハザードマップをチェックしたり、備蓄品を自宅に準備しています。
 今年は、あらためて「災害はいつでもどこでも起きうる」事を痛感しています。何もかも準備出来る訳ではありませんが、公私共に最低限の備えを怠らないようにしていきたいと思います。
備蓄品リスト備蓄品

     その他

この世界の片隅に

 暑中お見舞い申し上げます。
 半月ほど前、新聞のテレビ番組欄を見ていて、ふと目にとまりました。
「日曜劇場 この世界の片隅に」
(以下、心の中の独り言)・・・気になる番組タイトルだな。
主演は松本穂香? 聞いたことがないけど最近の女優さんかな? 松坂桃李は知ってるわ!
そう言えば、このタイトルもどこかで聞いたような・・・(以上、心の中の独り言)
 家人に尋ねると、「去年アニメーション映画が話題になっていたよ」との事。
という訳で、第1話を見ました。戦時中の広島県呉市を舞台に、庶民の生活を淡々と描いています。
ちょっと退屈な感じでしたが、翌週の第2話も見ることにしました。
ハラハラドキドキするような展開ではなく、静かに話が進んでいくので、逆に、この先がどうなるのか妙に気になり始めました。
この世界の片隅に新聞広告 数日後に新聞でコミックの広告が掲載されていました。 原作がコミックであるなら読んでみよう、ということで小さな本屋さんに行きました。
 話題の本なら目立つ場所に平積みしているかな、と探しても見つからず・・。もしかして・・と思いつつ、普段は足を踏み入れないコミックコーナーへ。少女マンガなどが並んでいるコーナーで、キョロキョロしながら探しているのが、なんとなく恥ずかしくなってきたその時、
この世界の片隅にコミックありました! 46歳が手に取るのをためらうような、可愛らしい絵と色使い!!
レジで店員さんに差し出すのが、照れくさい気持ちになりました。
 コミックを読んで、ストーリーがどのように展開するか知りましたが、実写版のドラマでどう描いていくのか、毎週欠かさず見ようと思います。

 

     会社情報など

平成30年7月豪雨

2018年7月11日読売新聞 この度の平成30年7月豪雨により、被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 今回の豪雨は、西日本を中心に各地で大きな被害をもたらしていますが、当社の社員は無事を確認出来ました。(備品北九州の第2倉庫は40㎝ほど浸水しましたが…)
しかしながら、お取引先や当社社員の実家の中には、被災された所もあり、不自由な状況で暑い夏を迎えられています。
 現在、道路や鉄道などの交通・物流網をはじめ、各地で復旧作業が行われておりますが、まだまだ時間を要するものと思われます。当社においても、商品の入出荷や配送業務に影響が出ており、お客様にはご迷惑をおかけしていますが、なにとぞ、ご理解のほどお願い申し上げます。
 被災地の1日も早い復旧・復興をお祈りすると共に、当社も微力ながらお役に立てるよう、社員一同で努めたいと思います。