会社情報など

非常時用備蓄品を見直しました

災害時備蓄品 東日本大震災・福島第一原発事故から8年が経ちました。復興に向けた取り組みも終盤を迎えようとしていますが、福島第一原発事故の関連については多くの課題を残しており、まだまだ長い道のりになりそうです。
 当社の東北エリアでは、震災後のお客様のご要望にお応えすべく、岩手・山形・青森へ順次出店し、仙台・福島と合わせて、地域の復興に微力ながら貢献してきたのではないかと感じております。
 近年においても、大きな地震や豪雨・台風など各地で災害が発生しています。8年前と3年前に、緊急物資の手配で社員に苦労をかけた経験がありますので、ブログをご覧の皆様に「非常時の備えは大切」と改めて思い出してもらえれば幸いです。
 半年前のブログで社内の備蓄品について書きましたが、このたび非常食やトイレをはじめ、大幅に見直して追加しましたので、ご参考までに写真を掲載致します。

  関連記事

no image
■バリアフリー2015

 バリアフリー展は、高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展として、毎年春にインテックス大阪で開催され、今年で21回目となりました。 毎年秋に東京で開催される国際福祉機器展(H.C.R)に次ぐ大規模な展示会で、出展企業の新製品などを一度に見ることが出来るため、久しぶりに行ってきました。 主に福祉用具メーカーのブースを見学しましたが、数年前よりも来場者が多く活気がありました。出展企業であるメ […続きを読む]

no image
■仙台港背後地 土地区画整理事業竣工

 当社の仙台支店が仙台港背後地である現在の場所に移転したのは、2010年1月でした。 移転当時「30年以内にマグニチュード7以上の宮城沖地震が発生する確率は100%」という話を聞き、「いつか発生するかもしれないが、すぐにはおきないだろう」と根拠もなく受け流していました。 その1年後、2011年3月11日に日本観測史上最大のマグニチュード9を記録した東日本大震災が発生。写真上部の仙台港には高さ10m […続きを読む]

no image
■介護京都 移転オープン!

 今週より、介護京都が移転オープンしました。 介護京都がオープンしてから丸3年が経ち、最近は取扱量の増加に伴って手狭になり、移転の必要性を感じながら運営しておりました。 ようやく京セラ本社ビルの南側にある空き物件を探す事ができ、このたびの移転となりました。 従来の場所から車で10分位の場所への移転となりましたが、介護京都の社員一同、より一層のサービス向上に努めてまいりますので、引き続きご愛顧を賜り […続きを読む]

no image
■東日本大震災から5年

 東日本大震災から5年が経ちました。多くのメディアで当時からの5年間を振り返る報道がされていますが、今回は当社の5年前を少し振り返りたいと思います。 2011年3月11日の地震発生時、仙台支店の社員2人は仙台空港近くの現場にいました。引取作業を中止して会社に戻ろうとする際、ラジオで津波到来のニュースを聞いた社員のとっさの判断で、最短距離である海側の道路を選ばずに、山側に迂回して事なきを得ました。( […続きを読む]

no image
■北九州営業所オープン!

 備品事業部の九州エリアにおける3拠点目として、今月より北九州営業所がオープンしました。九州では1991年7月の熊本以来、実に25年ぶりの出店となりました。 営業エリアは主に福岡県北九州市及び周辺地域と大分県の北部、山口県下関市周辺となります。 従来は福岡支店や山口支店から営業活動を行ってきたエリアですが、より地域に密着してお客様のお役に立てるように、との思いから出店の運びとなりました。 既存店で […続きを読む]