その他

サッカー日本代表 決勝トーナメント進出!

2018年6月29日日経新聞 第21回目となるFIFAワールドカップが、6月14日から7月15日にかけて、ロシアで開催されています。 連日、熱戦が繰り広げられる中、昨夜、日本はポーランドとの予選最終戦に臨みました。引き分け以上で自力突破という状況の中、結果は0-1で敗れましたが、予選3試合のフェアプレーの差(イエローカードの少なさ)でセネガルを上回ってグループ2位に滑り込み、決勝トーナメント進出を果たしました。
 テレビ観戦していて驚いたのは、自力で同点に追いつこうとせず、0-1のまま試合に負ける選択を西野監督がした事でした。他会場ではコロンビアがセネガルを1-0でリードしていましたが、もし同点になれば日本は予選敗退となるため、最後の15分はチャンネルを変えて、そちらの試合の行方を見守りました。
 予選敗退した場合に、西野監督は批判を一身に受ける覚悟だったと思いますが、選手は後悔しないのか、現地の観客は不満ではないのか、色々な思いが交錯し、結果が出るまでハラハラしました。あらゆる状況を考慮した上でのギリギリの決断に対して、既に世界中で賛否両論が渦巻いているようです。
 もし私が監督なら(なれる訳がありませんが…)どうするか?を突き付けられているようで、深く印象に残る試合となりました。世界ランク1位のドイツでさえ予選敗退した中、日本は決勝トーナメントで世界ランク3位のベルギーと戦える事になったので、楽しみにしたいと思います。
(当初、日本の3連敗を予想していたのでW杯ネタはアップしない予定でした・・・すいませんm(__)m)

  関連記事

no image
■ほろにが1軍デビュー

 少し前にもプロ野球ネタをアップしましたが、先日9月20日にオリックスの青山大紀投手が、京セラドーム大阪での西武戦で1軍初登板・初先発しました。 初回に四球2つの後に3ランを浴びるなど、4回を投げて4失点という結果でした。強力打線を相手に、2回以降も踏ん張って投げていましたが、今後に課題の残るほろにがいデビュー戦となりました。 青山投手は、奈良の智辯学園のエースとして、高校2年の夏と3年の春に甲子 […続きを読む]

no image
■西郷どん

 2年前にこのブログでNHK大河ドラマ「真田丸」を採りあげましたが、第57回となる今年(明治維新から150年)は「西郷どん」が1月7日からスタートしました。 幕末が舞台の大河ドラマは繰り返し描かれていますが、明治維新の立役者の一人である西郷隆盛は、幕末志士の中でも特に人気があります。 今年は鹿児島県や東京・上野公園をはじめとして、関連スポットの観光客の増加が見込まれます。 林真理子原作、中園ミホ脚 […続きを読む]

no image
■ラーメン

 まもなく寒い冬を迎えようとしています。温かい食べ物が美味しい季節になってきました。その中で、「一番好きなB級グルメは?」と聞かれたら、迷わず「ラーメン」と答えます。 本社のある大阪でも食べますが、出張で全国各地に行った際の昼食は、ほぼラーメン屋さんに行きます。(香川の場合だけはうどんですが…) 麺・スープ・トッピング具材など、熱く語る友人・知人・社員が最も多いのがラーメンです。私はこだわりはあり […続きを読む]

no image
■久しぶりの北海道

 今年の夏季休暇は、16年振りに北海道に行ってきました。過去にも何度か訪れて、札幌の他に富良野・小樽・登別などに行った事がありましたが、今回は新千歳空港からレンタカーで札幌~洞爺湖~函館を周り、函館空港から大阪というルートでした。曇りがちという事もあり、最高気温が22℃程度で涼しかったです。  札幌では市内観光、洞爺湖ではカヌー、函館では念願の五稜郭や夜景を見る事が出来て、貴重な思い出となりました […続きを読む]

no image
■お正月映画

 先日、映画「海賊とよばれた男」を観に行きました。原作は、出光興産創業者の出光佐三をモデルとした主人公・国岡鐡三の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業に成長するまでの過程が描かれています。 2013年に第10回本屋大賞を受賞し、現在までに累計発行部数が上下巻あわせて400万部を超える大ベストセラーとなっています。私は3年前に友人に薦められて原作を読み、映画化されたら是非観に行きたいと思っ […続きを読む]